The page you're viewing is for Japanese (Japan) region.

The page you're viewing is for Japanese (Japan) region.

Capgemini、VertivのAvocent Solutionを採用しワンストップのデータセンターインフラ管理を活用

背景:

ITサービスプロバイダーであるCapgeminiは、アプリケーションやインフラからビジネスプロセス管理に至るまでのアウトソーシングポートフォリオを包括的に提供しています。中央ヨーロッパデータセンターの業務再編後、CapgeminiはそのITインフラをフランクフルトへ、そしてマネージャーらをデュッセルドルフへ移転させました。üさらに、ハードウェアやソフトウェアのセキュアなリモート制御を可能とするため、Capgeminiでは、Avocentのリモート管理ソリューションも導入しています。現在、ドイツ、東ヨーロッパ、および アジアの140名の管理者がこのソリューションを利用しています。

成果:

  • Capgeminiでは、リモートサーバーとコンポーネントの管理、40のKVMスイッチ、36のコンソールポートサーバー、および何百もの電源タップおよび合計で約4,000のポートに対し、DSView 3管理ソフトウェアを利用しています。

  • VertivのData Center Planner、DSView 3ソフトウェアおよびリモート管理コンポーネントを組み合わせて使用することで、  CapgeminiのOutsourcing Serviceの統合ITデバイス、ネットワークデバイスすべてを含むインフラ全体の最適化と管理が同時に実現されています。

  • Power Managerプラグインを組み込んだDSView 3管理ソフトウェアでは管理者がすべてのシステムの統合ビューを確認することができ、LANに障害が発生した場合にも帯域外経路を使用して簡単にアクセスし、原因の診断を行ったり、必要に応じてデバイスを再起動したりすることができます。

事例サマリー
場所 フランクフルト(ドイツ)
Vertiv ソリューション
  • Avocent Data Center Plannerソフトウェア
  • データセンターおよびパワーマネージメント向けAvocent DSView 3管理ソフトウェア
課題 この新しいソフトウェアでは、データセンターの純粋な管理と文書記録だけではなく、概要を視覚的に確認できる機能やプランニングのためのモデル作成機能も提供する必要がありました。
ケーススタディを読む

関連記事

言語と地域